読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉祥寺・アロマカフェ店長のコラム

アロマやハーブなど、自然のエネルギーを写真や文章で紹介します。

意識リノベーション〜フラワーエッセンスと故郷の大地に眠るもの〜

 

3月10日〜12日までの3日間、

一年ぶりに地元・岩手に帰ってきました。

 


岩手に帰れる日が来るなんて、

数年前までは夢にも思っていませんでした。

 

 

2011年、東日本大震災を経験し、

東北・茨城・千葉を中心に多くの犠牲者が出ました。

 

東京では高層ビルやマンションが揺れたり交通がマヒするなどの影響が出たそうです。

 

 

 

私自身、3月11日は盛岡市の上にある、玉山村の好摩という駅で仕事をしていました。

 

地震の際は変電所が止まるなどの異常な事態に、この世の終わりのような不安を感じたのを覚えています。
(JRの変電所は常用・非常用の電源が用意されているので、完全に停電になることはほぼありません)


停電のため、家のTVはつかないので、津波の映像や地震の情報は、カーナビから見ました。

 

 


その時、私は人々の悲しみや苦しみが、自分の心に流れ込んでくるのを強く感じました。

 

 

そして、建築の仕事でも何でもいいから、人の人生に明かりを灯せるようになりたい。
希望があることを伝えられる人間になりたいと強く願いました。


この想いが、今の私を生み出したのだと思っています。

 

 

 


仕事でも多くの転機が訪れました。

 

個人事業主としてリノベーションの仕事を始め、少しずつ軌道に乗り始めた頃、私は人に騙されてしまいました。

 


今思うと、人ではなかったようです。

 

知り合いに紹介された会社を手伝い始めたのですが、その会社のビルには色々と危険な存在が住み着いていました。

 

 

その当時、霊感とかを全く持ち合わせておらず、ちょっと勘がいいくらいにしか自分のことを思っていなかった私ですが、徐々に徐々に匂いや雰囲気で異常に気がつきはじめてきました。。。

 

しかし、自分のキャリアを上げたい、今の生活を向上させたいと思いが強く、欲を出しはじめた結果、足元をすくわれ、終いには生きる気力も吸い取られてしまったのです。

 

 


人生の転換期に、大きな選択をすることも必要です。


私の場合、自分の勘や認識を見ないようにした結果、目の前の現実を手に入れようともがき、自分に大丈夫だと嘘をつき、多くのものを失ってしまいました。

 


友人も、仲間も、仕事も、住む家も。


悪魔のような人間を、自分の願望のために正当化しようと理屈を並べ、勘違いに気づかないふりをした結果、生きるエネルギーを奪われました。

 

 


東京には、夜逃げ同然で来ました。

 

無理して買ったクルマと、
母と姉が持たせてくれた僅かな所持金。

 

 

盛岡を出る朝、何でこんなことになったんだろうと、涙と後悔で心が壊れました。

もう二度と戻れない寂しさもありました。

 

 

バカやったサッカー仲間も、
仕事で経験したことも、
人生を過ごしてきた街も、
もう戻りません。

 

 f:id:hello-yamato:20170320144506j:image

 

出口の無い暗い暗いトンネルに入って行く感覚。抜け出すことも、希望を見出すことも、考えることも出来ない朝でした。

 

 


誰も知らない東京。

 

姉の知り合いが銀座で飲み屋さんを経営していて、そこの店主さんを頼りに向かいました。(今はもうありませんが、土佐藩といいます)

 

 

当時、心配かけてしまった皆様には、
今でも大変申し訳なく思っています。

 

 

 


ただ、行き先が土佐藩ということで、

少し、坂本龍馬みたいだな…。
って思ったらバチがあたるかな…。

 

とか、

 


涙が溢れて止まらないけど、コーヒー買おうかな。あ、パンも買おうかな。

 

とか、

 


岩手を離れるまではしんみりしていたけど、
途中から少し明るい曲を聴いてみようかな。

 

とか、

 


茨城の太平洋沿い。海はやっぱり広いな。
目的地まであと3時間、
どんなことが起きるのかドキドキしてきたな。

 

 

 

う〜ん、


正直、シャレになんないこんな状況なのに、
何か前向きな自分が出てきてるのを感じる。

 


ちょっと戸惑いが…。

 

 

 

ご心配をかけた皆様には、今の私が元気だということで許していただけたらと思います。。。

 

 

 

今思うと、ユングの心理学でいう
「神秘のこども」が目を覚ましました瞬間でした。(ワクワクドキドキしている意識に気づいた)

 


また、騙した相手にせめてもの抵抗で「トリックスター」が一泡吹かせてました。(イタズラ好き・ヒーロー的な意識ね)

 

 

 

失った代償は大きいけれど、
その結果、自分の真実を知りました。

 

クールで暗いと思っていたけど、実は根が明るくて能天気、そして女性が若干苦手で、異常に緊張してしまう性質。

 

 

だからこそ、生きることを楽しめるよう、困難があっても人生に希望を持って前向きに生きようと思うのです。

 

 

 


2017年の3月11日、

PHIエッセンスのイルカとベルーガ、アーススターカクタスを、盛岡市を流れる北上川に流してきました。

 f:id:hello-yamato:20170320144314j:image

 

 f:id:hello-yamato:20170320144031j:image

 

 

フラワーエッセンスの波動には、私たちの意識と無意識、個人的無意識、集合的無意識に働きかける優しいエネルギーがあります。

 

 

私があの日に流した涙も、
人生の喜びへとつなげる架け橋になりました。

 

 

その波動を感じることは、

五感という世界では認識できないかもしれません。

 

 

心の奥底に眠る声に耳を傾けていくことは、
情報や刺激の多い世界では難しいかもしれません。

 

 

だからこそ、
優しいお花のエネルギーが、明るい笑顔を咲かせるように、突然あなたの目の前に現れるかもしれません。

 

 


東京で聴いた沢山のフラワーエッセンスの声を、今度は自分も届けていきたいと思います。

 

 

 

 f:id:hello-yamato:20170320144248j:image

 

意識リノベーションという言葉をテーマに、
体験したことをシェアする会を開催させていただきます。


岩手から東京にきて感じた意識の違い、人が持つ無意識の境界線について、パターンを手放す内容となっております。

 

次回、日程をご紹介させていただきます。

 

 

#フラワーエッセンス #意識リノベーション #リノベーション

 

フラワーエッセンスと自分に出来ること

2011年の3月11日。
あの日から6年という月日が経ちました。


2011年に東京に上京して、
東日本大震災を忘れたことはありませんが、
今回の3月11日はちょうど岩手にいます。

 


現在、東京にいる私にとって、
出来ることは何だろうといつも考えてきました。

 

考えて考えて実行するために出た答えは、

仕事として復興に関わっていく会社や団体を作る。

また、癒しやヒーリングを通して心に安心と希望をもたらす。などでした。

 

 

ただ、その行動を行うにあたって私の今の状況では、常に「私 対 人」という関係性が必要になり、とてもとても時間がかかっているのが現状です。


その根底には「みんなと一緒に・協力して」という形がベストという想いがあります。

 

 

それは間違いではないかもしれないけど、
その想いが逆に時間をかけている原因にもなっています。

 

 

これは周りの人達が問題ではなく、

自分自身の問題。

 

自分に出来る事と、自分のしたい事の間でプレッシャーとストレスを感じ身動きとれなくなるクセですね。。。

そんな自分に嫌気を感じながらも、

ついつい本気になって力が入ってしまう。。。

 

 

 

 

そんな自分もいるけれど、今はシンプルに自分の出来ることをしようと考えています。

 

自分に出来ること。。。

 

 

 

今回は復興の祈りを込めて、
北上川に少しですがフラワーエッセンスを流してきたいと思います。

 

 

北上川は八幡平の源流から盛岡市〜平泉を通り、
宮城の石巻から太平洋に流れる一級河川です。

 岩手から宮城を通して太平洋に渡り、

福島や青森、茨城、千葉に広がる海へと通じています。

 

 


最近、2011年に東京に出てきて学んだことは何だろうと考えたときに、
「優しい波動をどのように伝えるか」だと感じています。

 

伝える方法は人それぞれ違いますが、
私の身の周りにあり、出来る事のうちの一つです。

 

フラワーエッセンスの優しい波動が、
人の心や大地を癒し、子供達が明るい未来を創造出来る環境を作れるように。
その一端に少しでも役に立てるなら嬉しいです。

 

 

今は自分に出来る事を、

自分らしく。

 

 

f:id:hello-yamato:20170308164251j:image

 

※フラワーエッセンスはお花の波動を水に転写したもので、お花の波動を借りて、固まってしまった感情や思考の波動を和らげ、情報を通りやすくしてくれるものです。
また、肉体や精神のバランスを整え、
自分らしくいることを安定させてくれる働きもあります。
その用途は多種多様ですが、ブラジルでは一般家庭以外でも学校や病院、医療施設などでも扱われています。

 

ペットや動物のケアにも効果は出ていますので、お困りの際はご連絡ください。

 

 

#フラワーエッセンス #意識リノベーション

 

 

 

春分の日に向けて

3月に入り、桃の節句も終わり、啓蟄を過ごし、
春分の日を迎えようとしています。

 

春分の日は太陽のエネルギーが高まる日で、
この日は昼夜の長さがほぼ同じになり、
陰と陽のエネルギーが均等になる日です。

 

また、12星座の最初の星座である牡羊座がこの日から始まるように、
新たな一年の始まりとされる日でもあります。

 


春分の日は新たな目標を定めたり、
スタートさせるのにはとても良い日となっています。
季節としても新しい始まりや新天地への移動など、
少し慌ただしい日が続いきやすい時期です。

 

春分の日を通して、ステップアップに取り組みたい方に向けて、
いくつかの簡単なポイントをご紹介したいと思います。

 


「家族や祖先への感謝を伝える」
自分の生命の源である繋がりを大切にすることで、
自分の新たな価値に気づき、受け取ることへと繋がります。


「不要な物を手放す」
新しい出会い、新しいスタートを切るにあたり、
身の周りの情報の整理整頓をすると、
気分もスッキリして良いスタートへと繋がります。


「目標を立てる」
がんばれば達成できるような、現実的な目標を立ててみましょう。
達成するプロセスを少し綿密に細かく設定するのがポイントです。
また、達成した後の自分を設定しておくことで、ブレない自分へと繋がっていきます。


「エネルギーの良いものを取る」
公園や自然へのお散歩、自分自身の細胞一つ一つに太陽のエネルギーを取り入れるのを意識しましょう。食生活や生活規則、意識的に良いものを得る時間を作り、自分自身を後押しする循環をスタートさせましょう。

 

季節の移り変わりを意識しながら、

生活のリズムも軽くしていきたいですね。

 

 

f:id:hello-yamato:20170306213349j:image

 

 

ライトワーカー

ライトワーカー(電気工事士)を辞めて5年。


今はアロマコーディネーターという肩書きで、吉祥寺のアロマカフェの店長をさせていただいています。

 

建築から癒しに関連する仕事に転向した私(ヤマト)の、日々感じることを感じたままに書いていきますね。

 

 


ライトワーカーという書き方をしたのには訳があります。


建築時代(2011年夏まで)、世の中に「癒し」というものを動物やリラクゼーション、アイドルを見て和むという位にしか認識してなかった頃、私はひょっこり発見されました。

 

その当時は図面を読み、必要な材料を選び、駅や建物を作る毎日。今思えば理解・分解・再構築の錬金術の理論を学んでいたんじゃないかと思います…(笑)。

 

人力で穴を2m掘ったり、電線は30人で2km引っ張ったり、命綱をつけて30mの鉄塔に登ったり、氷点下25℃の冷凍庫に入ったり…。
雪の降る東北で、凍えながら仕事をしていたことを懐かしく思います。

 


何故か経験が浅いのに現場監督を任されることもありました。


役職と自分の実力が合わない時代が長く続きましたが、インターネットの普及に伴い、当時技術者が少なかったLAN配線の工事をやるようになり、落ち着いて仕事が出来るようになりました。

 


自分より目上の人を率いてチームを作るというのは、自分を上にしても下にしてもいけないバランスに苦労します。

 

最初の頃は、監督として生意気な感じで接してケンカになることもあれば、目上の人の意見を尊重しすぎて舐められることもありました。。。

 


結局は、自分を上にも下にもせずに、周りを信じて気持ち良く仕事をしてもらうのが、工事を無事に終わらせると知りました。

 

ポイントとしては、
・周りの個性と仕事の割り振りを見極める。
・実力ある人には難しい仕事を任せる。
・時には実力のある人に簡単な仕事を任せる(与えられる時間によって変える)
・自分はタスクを振ることに専念すること。
・口を出し、手を出すことを時には控える。(自分がやった方が早くても、任せる)
・自分は全体のバランスを取ることが仕事。
・目的達成までの逆算とイレギュラーの予測。
・10時と15時の休憩にみんなで話をすること。

みたいな感じでした。

 

 

電気工事士時代、本当に皆さんにお世話になりました。

生意気な若僧で、たくさんご心配をおかけしてしまいましたが、あの時に教えていただいたことは今も生きて私を助けてくれています。

本当に貴重な経験をありがとうございました。

 

 


集団で仕事をする、グループ活動をする、
個人で仕事をするにしても、
個々の能力をどこで使うか、それを何に使うかという目的は大切なことだと思います。

 

 

仙台の仲良くしていただいた監督さんに、
『自分が指揮してみんなが同じ方向に向かって進むとき、もし間違っていたなら「あっちだった」と笑って謝れる監督であり、みんなも笑いながら許して進める関係がいいね』と教えていただきました。間違っちゃダメなんだけど、その話を今も大切に覚えています。

 


多分、ライトワーカーってそんなことだと思います。

 

たまたま私は照明を扱う仕事だからライトワーカーと冗談で言ってますが、
みんなと協力して目的に向かい明かりを灯せる人、希望の光を心や環境に灯せる人だと思うんです。

 

もちろん人格や精神性、目的を問われることもありますが、大切なのは自分自身に明かりを灯せるのかどうか。


逆境の中、負けそうな時も自分を救うために自分と周りを信頼出来るのかだと思うんです。

 

 

 

そんな建築時代を良く言えるのも今があるからですよね。

 

 


その当時は自分を癒すことも、人間関係や心の傷がトラウマになることも知らず、意識や潜在意識、男性性や女性性、アロマもフラワーエッセンスもまったく知りませんでしたので、強いストレスで交感神経が優位になり続け、ついにその時はやっきました。

 

f:id:hello-yamato:20161125180702j:image

 

つづく